2008年02月27日

県P安全会 特別会員

 さて、昨年度よりお知らせしていますが、特別会員の適用が20年度より本格的に導入されます。

 各単位PTAにおいて特別会員を適用される場合は、PTA規約の改正をしていただかなければなりません。

 ここに改めて特別会員についてお知らせいたします。


 安全会特別会員は、各単位PTAがPTA活動への協力を依頼した個人をいう。 (老人会・地域パトロール隊等の諸団体は認めない)

 各単位PTA規約において特別会員を認める旨明記する。
    改正例・・・1 ○○学校(園)PTA会員は、保護者・教職員並びに特別会員により構成される。
          2 特別会員とはPTA活動に協力をお願いする方で、特別会員名簿に記載されている方とする。


 特別会員名簿には、氏名・住所・年齢・特別会員と認定した何月日を明記する。

 特別会員名簿は各単位PTAにおいて管理する。

 特別会員は年度当初のみ加入を認める。年度途中での加入は認めない。

 特別会員の会費は本会員と同額とする。また、補償内容も本会員と同等とする。ただし、基金は適用されない。

 上記について各単位PTAにおいて十分協議いただき、事故等が起こってから補償が受けられないということがないようにお願いいたします晴れ
posted by 奈良県PTA at 16:02| 県P安全会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。