2007年08月19日

第44回研究大会 2000(平成12)年度

大会スローガン

『育もう! 
  個性が輝き 
    生きる喜びの感じられる子どもを』


期日:平成13年1月27日(土)
場所:県社会教育センターにて



===========================================================


新世紀に向けて 心豊かなPTA活動を

第44回奈良県PTA研究大会が、1月27日(土)に奈良県社会教育センターで行われました。

あいにくの降雨にもかかわらず、矢和多教育次長を始め、県同和教育推進協議会東浦会長、吉川新庄町長、多数の来賓のご臨席を賜り、またPTA会員約500名もの参加の中盛大に開催されました。

新世紀の幕開けとなる奈良県PTA研究大会が『育もう!個性が輝き 生きる喜びの感じられる子どもを』をスローガンに掲げ、開催されました。

今、私たちは「いじめ」「不登校」「学級崩壊」「非行」等の大きな教育問題を抱えています。

こうした状況を克服するために、ゆとりの中で個性豊かで、主体的に「生きる力」に満ちた子どもの育成を目指した教育改革が図られようとしています。即ちこのことは、「心豊かな社会」を作ると同時に、強くたくましく生き抜くことができる子どもを育むことであり、この思いは私たちPTAの切実な願いでもあります。

そのためには、地域や家庭の教育力の充実と学校・家庭・地域の連携が必要不可欠となります。

このような願いを実現するために活動の実践を持ち寄り、教師と保護者が、真に子どもの幸せを作り出すPTA活動を見いだすとともに、活動のあり方等を問い直すことを趣旨とし研修されました。

開会行事の後、記念公演が行われ、午後からは4分科会に分かれ、討議されました。



<記念公演>

「“大江 光”の世界と癒しの音楽」
  〜心の健康と音楽〜


 日本コロンビア(株)DCS感性研究所
  主任研究員 丸山 胤之氏


 
◆大江光の成長と音の世界

まず最初に出生時の状況とその後の障がいについて語られました。
光さんが頭に大きなこぶを持って生まれたことと、そのこぶを切除するための手術で一命は取り留めたものの、大きな障がいが残ったこと。
植物人間同様の状態で介護を続けていたある日、突然言語を発した光さんへの驚き・・・。

そのきっかけは鳥の鳴き声だったのです。

その後、音の世界を通して、光さんが研ぎすまされた絶対音感を持っていることや、言葉を意味の世界ではなく音の世界で捉えていることなど、多くの発見と同時に、親子のコミュニケーションの重要な方法として「音」は大切な世界になりました。

大江健三郎さんは、毎日の暮らしの中に障がいを持つ光さんと一緒にいることが当たり前であり、自然な暮らしであると言われています。



<分科会構成>

第1分科会  幼稚園分科会 テーマ「家庭・地域・園の連携、親子のふれあい活動」
 ・発表者 桜井市P(織田幼PTA)    会長 中 祥元
                「子育てにつながり社会をも変える活動」
 ・発表者 磯城郡P(田原本東幼PTA)  会長 西岡 啓子
                「お父さん、お母さん、幼稚園で遊ぼうよ」


第2分科会  小学校分科会 テーマ「親子のふれあい」
 ・発表者 山辺・添上郡P(六郷小PTA) 会長 西久保 宗昭
                「子どもの環境づくりとPTA活動のあり方」  


第2分科会では、「子どもの教育環境づくりとPTA活動のあり方」と題して、六郷小学校PTAの西久保会長より、地域に密着した活動内容等について発表がありました。

また、質疑応答の中で、地域社会への参加の希薄化により、「男性会員のPTA活動への参加を望むには、目的をはっきりさせて活動を繰り広げる。」等の意見も出され、実際のPTA活動の問題点など活発な意見交換が行われました。


第3分科会  中学校(1)分科会 テーマ「『あれ』とPTAのあり方」
 ・発表者 大和高田市P(高田西中PTA) 会長 植島 佳成
                「PTAと学校の好ましい連携のあり方」


高田西中学校PTAの植島会長が、学校教育の現状に即した今日的課題を踏まえて、PTAと学校の好ましい連携のあり方について発表されました。
PTA環境対策部やOB、また地域を含め、青少年健全育成会を結成し、生徒の健全育成に努められました。
この活動を通して情報を公開し合いながら、学校・家庭・地域の連携を深め、そこからそれぞれの理解を得ることができたという報告をされました。
また、保護者の取り組みとして関連する各研修会等へ参加し、研修の機会を出来るだけ多く持ちながら知識を深めたという報告もありました。


第4分科会  中学校(2)分科会 テーマ「国際交流」

 ・発表者 吉野郡西P(野迫川中PTA)  会長 津田 晃
                「スロバキア国際交流に思うところ」
 
posted by 奈良県PTA at 12:02| 事業報告(県P関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。