2011年06月09日

東日本大震災の義援金について(中間報告)

 さる、3月の東日本震災の災害義援金の募金活動をお願いいたしましたところ、日本PTA全国協議会へ5月16日現在、全国の多数の会員から、151,660,540円の義援金が寄せられました。
 (うち、奈良県PTA協議会は4,875,086円の多大なご協力を頂きました。)

 この義援金について、日本PTA全国協議会において子どもたちに役立つ方法をと慎重に検討した結果、まず、支援金の一時金として、岩手県PTA連合会・宮城県PTA連合会・仙台市PTA協議会・福島県PTA連合会に各1千万円、青森県PTA連合会・茨城県PTA連絡協議会各5百万円が、さる5月19日に贈られました。

 その後も、各地方協議会から義援金が寄せられており、また、義援金の募金活動は継続して行うこととしておられます。
 奈良県PTA協議会と致しましても次年度に引きついでまいります。

 義援金につきましては、今後も被災地の県(市)PTAの意向を聞きながら、被害を受けた子どもを中心とする教育関係の支援のために、より良い方法を考えてまいります。

 各郡市PTA協議(連合)会の皆さま、並びに、ご協力いただきました会員の皆さまに厚くお礼申しあげます。
 本当にありがとうございました。
 今後とも引き続きご協力・ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。
posted by 奈良県PTA at 13:53| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。